サッカーまとめ

G大阪・三浦弦太、日本代表「第3のセンターバック」に名乗り!

1: サムライ24時 2017/07/31(月) 10:33:21.87 ID:CAP_USER9
3万6177人の大観衆が集結した30日の大阪・市立吹田サッカースタジアムで行われたガンバ大阪対セレッソ大阪。暫定首位のセレッソが前半から押し込み、後半立ち上がりに杉本健勇の先制点が飛び出す中、ガンバは凄まじい反撃を見せた。

65分に新戦力FWファン・ウィジョが巧みなヘッドで同点弾を挙げると、その12分後には井手口陽介の左CKから逆転ゴールを奪う。ニアサイドのフリースペースに絶妙の飛び込んだのは、今季から最終ラインを統率する22歳のDF三浦弦太。

「陽介からいいボールが入りましたし、相手がゾーンディフェンスで来ていて自分にはマークがついていなかった。それを狙っていたんで、いい入り方ができてよかった」と本人もしてやったりのゴールを決め、勝利を決定づけた。最終的に、ガンバは途中出場のアデミウソンがダメ押しとなる3点目を奪って3-1で完勝。今後のタイトル争いに向けて大きな弾みをつけることに成功した。

「(ここまで)リーグ戦で連敗してましたけど、チーム全体にネガティブな雰囲気はなかった。全員で大阪ダービーを楽しんで勝つという雰囲気があったし、みんな最後まで諦めていなかった。そういう環境を作ってくれたサポーターのみなさんの応援も力になった。それが今日の勝因かなと思います」と三浦は感無量の表情を浮かべた。

 自身の逆転弾はもちろんのこと、杉本に先制弾を食らった後、気を取り直して最終ラインをしっかりと統率し、セレッソ攻撃陣を封じきったことも大きかった。若き守備の要の存在価値を改めて示す絶好の機会になったのは間違いない。

 三浦は大阪桐蔭高校から清水エスパルス入りした新人時代から将来を嘱望された選手だった。鈴木政一監督率いる日本ユース代表時代は南野拓実(ザルツブルク)、中村航輔(柏レイソル)、川辺駿(ジュビロ磐田)らとともにチームをけん引。

2014年にはAFC U-19選手権(ミャンマー)にも参戦した。が、日本は世界切符を賭けた準々決勝で北朝鮮にPK負け。三浦も大きな挫折を味わった。翌15年には所属の清水が史上初のJ2降格を余儀なくされ、さらに翌16年のリオ・デ・ジャネイロ五輪も代表落選。日の当たる舞台から遠ざかり続けた。

 つづく

7/30(日) 22:08配信 サッカーダイジェト
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170730/619434.html?cx_cat=page1
56
 


続きを読む

Source: Samurai GOAL

関連記事

  1. サッカーまとめ

    【海外の反応】「日本は勝たないといけない」日本代表、イラクとの大一番へ(W杯アジア最終予選)

    日本代表は13日、テヘランで開催されるW杯アジア最終予選でイラクと対戦…

  2. サッカーまとめ

    アメリカ人「アシスト女王だ」元なでしこ川澄が米NWSLの歴史に名を刻んだ!1試合4アシストの金字塔!…

    川澄が今季初ゴールを決め、1試合4アシストの金字塔 シアトル・レインの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. なんJ・おんJまとめ

    【悲報】巨人 川崎宗則にも声をかけて獲得に失敗していた
  2. なんJ・おんJまとめ

    巨人マギー 打率.298 4本 18打点 出塁率.377 OPS.888 得点圏…
  3. なんJ・おんJまとめ

    ペゲーロ満塁ホームランwwwwwwwwwwwwwwww
  4. なんJ・おんJまとめ

    楽天「茂木!」SB「上林!」西武「源田!」ハム「近藤!」ロッ「平沢!」
  5. なんJ・おんJまとめ

    J2順位表wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。